メインイメージ

チェックシート

合同会社を設立する前にチェックシートを利用するメリット

会社に勤めて給与を受け取る事で、大半の人々は生活を維持しています。しかし最近ではインターネットが盛んになり、顧客との関係を構築しなくてもスキルとアイディアを持てば、事業で成功する確率が上昇しているのです。だから会社で自信と技術を身につけたら離職する人が増えています。
会社を離れて仕事をすると時間的な成約や周囲の人間関係に悩まされなくなるので、自分のペースで仕事を進められるのです。それに加えて顧客の要望に応える時も、周囲の意見よりも自分の考えを尊重する事ができます。大きな自由を得られる事が会社を離れる事の魅力です。

しかし一人で仕事を行う個人事業主としてビジネスを展開する場合、失敗には大きな責任が伴います。なぜなら個人事業主は無限責任を負う事を義務付けられているからです。無限責任とは事業の失敗によって関係者の抱えた負債を、責任者が全て抱える事です。個人事業主は一人で活動する形態であるため、必然的に一人で返済を完了させなければなりません。
それに対して株式会社は有限責任です。有限責任とは発行した株券等が無価値になっても、発行者が責任を負わされる事はありません。株式を購入した者の自己責任になるので、最低限の責任を負わされるだけで済むのです。

株式会社と比べて責任が大きいと思われがちな個人事業主ですが、実は無限責任を回避する方法があります。それは合同会社を設立する事で、有限責任を負う形に切り替える手法です。合同会社は一人で設立する事を認められているので、最近の個人事業主から注目されています。
合同会社の設立を目指す人が多いのは、責任を軽くする以外のメリットが存在するからです。それは設立時に必要な費用が比較的安価である点です。合同会社はスモールビジネスと呼ばれていますが、それは設立の必要費用が安いせいだと言われています。投資額が少ない点はリスクマネジメントの観点から見ても好都合です。

しかし合同会社は責任逃れをするために利用する形態ではありません。あくまでビジネス展開が目的であり、失敗の損害を最小限に抑える事が目的です。だからこそチェックシートによる事前確認が重要視されています。
チェックシートは会社の目的や人員構成を明らかにする事で、事業展開後に失敗する確率を下げる効果を認められているのです。それに加えて合同会社のサポートをする業者は、チェックシートを元にアドバイスを進めるやり方をしています。チェックシートには注意すべき事柄が全て載っているので、説明資料として転用しやすいからです。最近では業者のホームページから、チェックシートをダウンロードできるようになっています。”

Copyright© 2010 合同会社を設立する時の注意点! All Rights Reserved.