メインイメージ

注意点!

合同会社を設立する時の注意点!

世の中に最も多い会社の形態は株式会社だと言われています。特定の人物が出資して目的を達成するための組織です。だから中小企業では役員が出資者になる事が多く、経営における意思決定を行うのです。大企業になると個人の持つ資産では活動が難しいと言えます。銀行からお金を借りる場合も個人の信用で借りられる額は、大企業の活動経費の1パーセント以下です。だから多くの人を巻き込むため株式市場に上場して出資者を募ります。
多くのお金が集まるから大企業の活動範囲は広く、世の中への貢献度も大きいのです。しかし損害が出る場合には多くの人の資産に影響します。

株式会社に対して合同会社と呼ばれる形態があります。合同会社の特徴は非常に小さい事です。出資する人間が社員であるため、社外の人間を巻き込む事はありません。よって集まるお金が株式会社よりも小さい額になる事は必然だと言えます。しかし意思決定は合同会社に所属する人員だけで行えるので、株式会社よりも話し合いを進めやすい事は間違いありません。
そして合同会社はランニングコストが安いというメリットが存在します。組織としては非常にシンプルな形なので、行動を起こしてもコストが生じにくいのです。そして会社の設立に必要なお金も安いのです。

しかし合同会社は万能な存在ではないので注意点があります。注意点とは所属する社員に大きな権限が生じるという事です。例えば会社に所属する社員が2人だったとすると、片方が不誠実な行動をするだけで存続の危機に陥ります。会社内で序列が最も下の人間にも、対等の権利が存在する事は注意点だと言えます。
だから注意点を考慮しながら活動をしなければならないのです。具体的には出来る限り意見の合う社員を雇用する事だと言えます。意思疎通を素早く行える組織作りを果たせれば、メリットだけを享受する事は十分可能です。もしくは個人だけで合同会社を設立する方法もあります。

特典
注意点に気を付ければ合同会社は極めて有用な組織形態です。設立に求められる手間が少ないので、個人事業主が経営者になる事も少なくありません。個人事業主が会社を設立する理由の一つに節税対策があります。稼ぎが大きくなると個人事業主の税金は莫大な額になるからです。しかし法人税が適用される経営者ならば納税額を抑えられます。
だからお金を支払ってでも社長を目指す人が多いのです。最近ではインターネット事業が盛んになっており、一人でも大金を稼ぐ事が不可能ではありません。だから今後は個人であるにも関わらず、会社設立が目標となる人が増えると言われています。”

Copyright© 2010 合同会社を設立する時の注意点! All Rights Reserved.