メインイメージ

即日で

即日で合同会社の設立をする方法

合同会社の設立の代行を行っている専門業者が存在します。このような業者の中には、条件を満たせば即日で合同会社を設立できる場合があります。即日で登記手続きを完了させるためには、できるだけ早い時間に申し込みことが必要です。時間に遅れると登記手続きは翌日以降になってしまいます。
業者の代行サービスを利用する時には、業者のホームページの定型フォームから、登記申請に必要な事項を入力することになります。入力した項目に間違いがあると正確な申請書類を作成することができなくなるので、一字一句間違うことなく、正確に入力することが大切になります。

金銭ではなく現物出資で資本金に充当する場合には、手続きがとても煩雑になるため、申請書類の作成に時間がかかってしまいます。現物出資が多い場合には、原則として即日で合同会社を設立することはできません。
登記申請書類を法務局に提出する時には、代表社員の印鑑証明書と実印が必要になります。即日で合同会社を設立するためには、印鑑証明と実印が業者の手元にあることが必要になります。業者に依頼する時には、早めに市区町村役場に出向いて、印鑑登録証明書を取得しておくことが必要です。代表社員の実印も必ず用意しておきます。

登記申請書類は法務局に提出することになりますが、法務局の開庁時間は午前8時30分から午後5時15分までです。即日で合同会社を設立するためには、遅くても午後の4時頃までには、法務局に登記申請書類を提出することが必要になります。
そのため、業者には午後の2時頃までには、代表社員の印鑑証明書を届けることが必要になります。印鑑証明書は原本でもなくても構いませんので、FAXで送信しても大丈夫です。
電子定款の依頼もできるだけ早くすることが必要です。確実に即日で合同会社を設立するためには、必要書類を午前中に業者に手渡すことが必要です。

登記申請書類の提出をする当日には、資本金の払込をすることが必要になります。現金を資本金に充当するには、銀行口座に資本金に該当する金額を振り込むことが必要になります。
合同会社の設立をする当日は、業者といつでも連絡が取れる状態にしておくことが大切です。連絡がつかない時には、即日対応ができなくなる場合がありますので、携帯電話の電波の状態などにも気をつけておくことが大事です。
登記手続きが完了すると、その時点で法人格を取得することができます。急ぎの依頼の場合は、10000円程度の特急料金が必要になるケースが多いです。”

Copyright© 2010 合同会社を設立する時の注意点! All Rights Reserved.