メインイメージ

チェックリスト

合同会社の設立に役立つチェックリスト

個人事業主が大きな収益を挙げるようになっています。インターネットのホームページに広告を貼る事で、多くの人がサービス利用して宣伝費用を受け取るからです。それ以外にもホームページの代行作成や、ソフトウェア開発で活躍する人もいます。
だから最近では就職した株式会社を早期退職して、合同会社の設立を目指す人が存在しているのです。個人で仕事を進める立場になれば、就業時間や仕事の受注に関する事を自分の意思で決定できます。それによってプライベートの時間を有効活用できる上、株式会社における組織の都合に振り回される事はなくなるのです。

個人事業主ではなく合同会社の設立を望む人が増えたのは、責任を回避できる点が大きいと言われています。事業で失敗するとミスによって生じた損害を、経営者が補填する事を求められます。この時に経営者が負わされている責任によって、負債をカバーする範囲が変化するのです。
個人事業主の形態でビジネス展開していると、無限責任を負わされる事になります。これは責任範囲が非常に大きいため負債額が膨れ上がりやすいのです。それに対して有限責任と呼ばれるものがあります。例えば発行した株券が無価値になると株主に損害が生じますが、有限責任であれば売買した株券の責任を負う必要がありません。

しかし合同会社の設立の目的は利益を得るためです。そのためには合同会社を設立する前に、ビジネスの展開方法や組織形態を明らかにしなければなりません。全てがあやふやな状態で進めてしまうと失敗する可能性が大きくなるからです。
リスクの事前の洗い出しに有効なのがチェックリストです。優れたチェックリストを作成すれば、項目を埋めていく過程で想像していた姿がより鮮明になります。例えば会社の活動拠点を決める事はビジネスにおいて重要です。なぜなら周囲に顧客が存在しなければ、商材を販売できる機会が少なくなります。チェックリストがあれば拠点に関する項目を記述する時に必ず気づく事ができる点です。

チェックリストは自分で作成しなくても手に入れる事ができます。それは合同会社の設立を助ける業者のホームページで、チェックリストのダウンロードを行えるからです。全ての業者がチェックリストを開示しているわけではありません。しかし検索システムで少し調べるだけで簡単に見つけられます。
業者がチェックリストを無料提供している理由は、サービス精神が旺盛だからではありません。業者にとっても大きなメリットが存在するからです。相談に訪れた顧客に提出させる事で、相談をスムーズに進める事ができます。スピーディーな対応が実現する事は人件費の削減と同義です。”

Copyright© 2010 合同会社を設立する時の注意点! All Rights Reserved.