メインイメージ

Archive for the ‘最近の投稿’ Category

設立する時の注意点!

2016-01-27

合同会社を設立する時の注意点!

合同会社を設立する際には、定款や登記申請書を作成することが必要になります。定款や登記申請書の作成をするには、会社法や商法、商業登記法などの専門知識が必要になりますので、法律に精通していることが必要になります。
法律に精通していない素人が定款や登記申請書を作成すると、記載漏れがあったり、不適切な記載をしてしまう場合があります。もしも定款の記載に問題がある場合には、銀行で法人口座を開設できないなどの問題が発生する場合があるので注意が必要です。合同会社の設立を代行してくれる業者がいますので、業者に任せると正確な定款と登記申請書を作成することができます。

合同会社を設立する時の定款は、業者に頼むと電子定款にすることができます。電子定款にすると、定款印紙代を貼らなくても定款を作成することができます。合同会社を設立する時の定款印紙代は4万円ですので、電子定款にすると、4万円を節約することができます。
従来の紙の形式の定款でも構いませんが、紙の定款は4万円の定款印紙を貼ることが必要になるため注意が必要です。
個人で会社を作る時に電子定款にするには、カードリーダーや専用ソフトなどを揃えることが必要です。全てを揃えると数千円の出費になりますので、業者に任せる方が費用を安くすることができます。

合同会社を設立する時の注意点として、合同会社は平成18年にできた新しい会社の形態で、まだ認知度が低いのが現状です。取引をする時には、株式会社よりも格下に見られてしまうことがあるので、注意をすることが必要です。
定款に記載している全ての社員は業務執行権を持っています。社員の数が多いと経営方針を巡って争いが発生する場合があるので注意が必要です。
ワンマン経営をしたい場合には、株式会社にする方が望ましいです。ただし会社の規模が大きくなって株式を上場した場合には、そう簡単にはワンマン経営はできないので注意が必要です。

合同会社にすることのメリットは、株式会社よりも安い費用で設立することができる点です。約102000円あれば設立することが可能ですので、株式会社よりも10万円以上安い金額で、自分の会社を作ることができます。
創業融資を受ける際には、株式会社よりも不利になることはなく、株式会社と同等に扱われます。社債を発行することもできますので、資金調達を容易にすることができます。
税制は株式会社と全く同じですので、いろいろな節税対策をすることができます。個人事業主として事業をするよりも、税金は大幅に安くすることができます。”

Copyright© 2010 合同会社を設立する時の注意点! All Rights Reserved.