メインイメージ

相談する費用

合同会社の設立を税理士に相談する費用と顧問契約の相場価格

合同会社の設立費用は株式会社に比べると安くなっており、主にベンチャー企業などの設立で人気となっています。
平成18年度には3,400件だったものが、平成26年度では9,100件と増加していることからも人気の高さがうかがえます。
合同会社の設立以降も税務などの申告手続きは数多くあります。
税務署に申告する書類の内容は専門性が高く複雑なものばかりとなっています。
そのような時に頼りになるのが税理士です。
税理士は依頼に応じて税務に関する様々な相談に対応してくれます。
合同会社を設立する際には税理士に相談するようにしましょう。

税理士とは、税理士法に基づく国家資格を有する税務と会計のプロフェッショナルです。
税理士は依頼者の求めに応じ、税務書類の作成や税務申告の代行、税務相談などを独占事業として行っています。
税務書類の作成は税務署に申告する書類を依頼者に代わり税理士が作成する業務です。
税務申告の代行とは、依頼者に代わり税務署などへの申告業務を代行する業務です。
税務申告の代行では、税務調査などは生じた場合には税理士が責任者として税務調査に立ち会いを行います。
税務相談では税の優遇措置などの活用や減価償却、経費の計上など税務に関する幅広い相談を受け付けています。

合同会社を設立する際の費用や事業開始後の税理士への相談料の相場価格です。
合同会社の設立は株式会社では必要となる定款の認証が必要ありません。
また登録免許料も60000円と株式会社より安くなっています。
税理士に依頼した際の手数料は事業開始後に顧問契約を結ぶことを前提に無料となっている場合がほとんどです。
事業開始後に顧問契約を結ぶ場合は、年商により相談料が変化します。
顧問契約料の相場価格は年商5000万円以下で3万円、年商1億円以下で35000円、年商3億円以下で4万円、年商5億円以下で45000円、年商5億円以上で50000円程度が相場価格となっています。

合同会社を設立する際には税理士と顧問契約を結んでおくことをおすすめします。
税理士は会計や税務の専門家の立場から、事業運営に関する様々なアドバイスや業務を行ってくれます。
その際にはインターネットなどで公表されている相場価格などを参考にして、依頼する内容を決めましょう。
また、税理士により得意としている分野も異なる場合があります。
あらかじめどのような依頼を税理士に行うのかをはっきりとさせておくことが、適切なサービスを受けるためには必要です。
税理士に依頼する際には相場価格をはじめ税理士に関する情報も参考にするようにしましょう。”

Copyright© 2010 合同会社を設立する時の注意点! All Rights Reserved.